change

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生い茂りたいな

書きたいことを書いています。

高校を辞めた自分が普通に生きていけるわけがない

 

 

私は高校1年の9月に高校を辞めました。

いじめがあったとか、先生と不仲だったとか、

特に何か問題があったわけではありませんでした。

(思えば勉強の面では問題しかなかったけど)

むしろ友達は多かったですし、私は少し生意気な学生でしたが先生からも可愛がられていたと思っています。

 

そんな私は、昔から学校というものが、決して得意な環境ではないなと思いながら生きていました。

もちろん小学生の時は裏でいじめが蔓延していたり、無責任な大人に苛立ったり、と学校という小さな社会の中で、生き難い困難や壁は多くありました。

しかしそれは、何も私に限った話ではなく、ほぼ全ての人間に当てはまる事だと思います。

もし私の学校生活において、そのような困難がなかったとしても、きっと私は高校を辞めていたのだと思います。

 

 

私は決して非社交的な人間ではないと思っております。(だからと言ってとても社交的なわけではありませんが)

確かに人見知りな部分はありますが、それでも組織において当たり前に人とコミュニケーションをとり、信頼しあう事の大切さを理解しているつもりです。

 

 

 

ではなぜそんな私は、高校を辞めたのか。

 

 

正直、私自身もよくわかりません。

とにかく学校という社会が嫌いだったのでしょう。

具体的に理由を述べることは難しいのですが、とにかく得意な場所ではなかった。

 

ある日もう本当に嫌になってしまい、高校を辞めました。

私は生まれ変わってもきっと高校に通うという当たり前のことが、できない人間なのだと思います。

ですから、高校に3年間通われて卒業された方を、心底尊敬します。

もうそれだけで、これからの人生当たり前のように生きていけるじゃないか。

高校に通えたなら、なんだって出来るじゃないか

ということを私は常に思っています。

 

 

一方私はというと、そんなみんなが当たり前にやっていることが、できなかった人間。

その時点で私は他者より圧倒的に劣っているんだと思っています。

だからこの先の人生もきっと、みんなが当たり前に出来ること、やっていることが、きっと私には出来ないのだろうなと思っています。

 

 

それはとても残念で悲しいことです。

私もみんなのように当たり前のことができる人間でありたかった。

でも私には出来ない。

なぜ出来ないのかわからないけれど、もうきっとこの人生ではそれが出来ないんだと思います。

 

 

出来ないからといって嘆き悲しんでいた時期も確かにありましたが、

仕方がないから自分に出来る生き方をするしかないな、と

今はある意味では前向きになれています。