change

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生い茂りたいな

書きたいことを書いています。

与えられた事は全力でやる人



はい、それは私ですね。


徹夜だってするし、多少の金銭が飛ぶ事は厭わない。

時間はもうめちゃくちゃかけます。


その課題が、本当に自分のやりたい事なのかどうかは関係なく、

もうその点において思考なんてものはなく、

ただひたすらに課題を全力でこなす。



しかしタチが悪いのは、それに対する金銭的対価がなくてもやるって事。


いや、好きな事だったら逆にお金を払ってでもやりますけど、

やりたくない事に対してもお金払って相当な時間かけてやるって、しかもリターンはない。



でもね、やっぱりどんな課題でも、一生懸命やった時の達成感は凄いものですよ。

しかもそれが誰かから評価された時は凄く嬉しいです。




でも、私、思ってしまったんです。



あ、これ危険なやつだ。

って。



何が危険かというと、

誰かから与えられた課題に対しては全力でコミット出来る。

何だか素晴らしく聞こえますけども、

これが会社のタスクだったらどうでしょう。

リターンが少なくとも残業も厭わず働きまくる。

上司にやれと言われた事は問答無用で全力で取り組む。



いや別にそれでいいならばそれでもいい。



けれど、じゃあお前は、自分で課した課題に対しては全力で取り組めているのか?



と自分に問うた時、答えはノーだった。




私はこの点に危機を感じて。




私という人間は一生支配され続けて生きるのだと。



やれと言われた事が、好きかどうかやりたいかやりたくないかもわからないけど、とにかくやる。

まずこの点において思考停止。


その割にやりたいと思いたった事には全力を注がない。

余計な事を考えちゃって結局やらない。




やべーな自分。

あー、ブラック企業で働いても一生懸命やってる気になってやりがいとか感じちゃうタイプね。





最近、自分が全力でコミットした課題を放棄した人がいた。



彼はきっとその課題をやりたくなかった。

だからやらなかった。

この課題をやるぐらいなら、自分はこの組織から抜けるという決断をした者だ。



彼のその選択に対して、色々意見はあるものの、

私よりも相当マトモであり、そして正直であるなと思った。

彼はもしかしたら、自分の生きたいように生きる人生を獲得するのかもしれない。



と思った。




私には与えられたものに逆らう勇気はない。

だから今まで通り全力でやるつもりだ。



でも、自分で課した課題にはもっともっと全力で取り組もう。

そこに金銭的なリターンがなくとも、

たとえ出費の方が多くとも、たとえ無駄だったとしても。

だってそれは自分のやりたい事なのだから。